【押入れ編】おすすめの布団収納方法

押入れに羽毛布団を収納したい方に、おすすめの布団収納袋・収納方法をお教えします。

【スポンサードリンク】

奥行約90㎝を効率よく使おう!

押入れの布団収納のポイントはずばり「奥行をどう使うか!」ということです。

押入れの奥行は一般的に約90㎝。
この長い奥行が便利でもあり、使いにくくもあるのですが、この奥行である「90㎝」とその半分の「45㎝」とを目安にして収納袋を選ぶと、縦でも横すっきりと収まることが多く、おすすめです。

たとえばこの筒型の布団収納袋は、直径約40×長さ約75cm。押入れの奥行の半分「45㎝」と奥行「90㎝」以内に収まります。

筒型布団収納袋 押入れにおすすめ

横にして収納するとぴったりと奥行におさまり、立てて収納すると奥行の半分で収まるので手前半分を効率的に他の用途に使うことができるんですよ。

筒型布団収納袋 押入れ布団収納する方法

押入れ布団収納は、奥行き90㎝の使い方がポイント!
収納袋選びのご参考にしてください。

押入れ布団収納におすすめの収納袋はこれ!

私のおすすめは、羽毛布団用の収納ケースか、筒型の布団収納袋が使い勝手が良いと思います。

効率の良い押入れ布団収納の方法

収納ケースの場合、このような形で積み上げたり、立てたりすることも可能で、押入れの大きなスペースを区切って効率的に使うことができます。

効率の良い押入れ布団収納の方法

筒型の収納袋は上の写真でご紹介したとおり、立てても横に寝かせてもぴったりと押入れのサイズに納まりますので、たくさんの羽毛布団を押入れにしまいたい方には特におすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ