布団収納袋・選び方のコツ

さまざまな形の布団収納袋が販売されていて、どれがいいのかわからない!と言う方も多いと思います。
私はこの家に引っ越してから毎年のように布団の収納方法について悩み、たくさんの種類の布団収納袋を買ってきたので、私なりの収納袋選び方のコツをお教えします。

収納袋

【スポンサードリンク】

①自立するものを選べ!

押入れであれクローゼットであれ、布団を入れたらあとは何も入れられません!と言うのでは困ります。
布団収納袋も、立てたり積み重ねたりできるほうが小スペースで収まって助かりますし、自分でしっかりと立ってくれると、横にも物を置けて便利です。

不織布布団収納袋

 

 

押入れやクローゼットの限られたスペースを効率よく使うために、収納袋は「自立するもの」を選びましょう。

②押入れ・クローゼットの寸法にピッタリ合うものを選べ!

布団がいくらきれいに収納袋に納まったとしても、押入れやクローゼットからはみ出してしまうようでは、効率のよい収納方法とはいえません。

例えば、こちらの布団収納袋。奥行60㎝のクローゼットに入れてみると、微妙に寸法が合わず、効率良く収納することができないのです。

不織布 布団収納袋

 

押入れの奥行は一般的に約90㎝、クローゼットの奥行は約60㎝です。
高さや幅はおうちの間取りによってさまざまなので一概には言えませんが、私の経験上高さ・幅共に約90㎝を想定しておくと、どんな場所でも合うことが多いです。

収納袋を選ぶときには、60㎝・90㎝を基準にしておくと選びやすいです。

③羽毛布団1枚サイズの収納袋を買おう!

たまに、お布団が何枚も入る大きな布団収納袋をみかけます。
たくさん入っていいのでは?と思いがちですが、「羽毛布団収納の基本」でご説明した通り、羽毛布団は「軽圧縮」して収納するのが基本なのです。
大きすぎる袋は「軽圧縮」できませんし、縦も横も膨れてしまって、かえって扱いにくい結果になります。

布団収納袋は、羽毛布団1枚入る大きさのものがベストです。

④通販が品揃え豊富

ホームセンターや一般量販店でも布団収納袋は売られていますが、一般的な不織布の布団収納袋が多いと思います。

通販で探すと、効率よく収納できるように工夫を凝らした布団収納袋がたくさんありますよ。

ネットでお買いものをするのが不安という方もおられるとは思いますが、私はこれらの布団収納袋をすべてネットで買いました。
私が実際に購入した販売元もご紹介していますので、どうぞご参考になさってください。

>>オススメの通販会社は次ページ「布団収納袋どこで買う?」でご紹介しています

サブコンテンツ

このページの先頭へ